KRHリニューアル

防水工事

代表的な防水工事の種類

防水には様々な種類があり、それぞれの材料が特徴を生かして用途に応じて使われています。木造、コンクリートなど建物の種類によって適切なものをご提案します。

  1. シート防水

    シート防水

    シート状に成形した合成ゴム系の防水シートを、下地に貼り付ける防水工法です。

    ポイント

    耐久性、耐候性、耐熱性、撥水性に優れているのが特徴です。

  2. ウレタン塗膜防水

    ウレタン塗膜防水

    液体のウレタンを塗布することによって防水層を形成する工法です。

    ポイント

    液体なので下地の形状になじみやすく、安価で短期間施工が可能です。屋上やベランダなど、様々な場所に対応できます。

  3. FRP防水

    FRP防水

    強度が高く耐久性に優れたガラス繊維強化プラスチック(FRP)を使用して防水層を形成する工法です。

    ポイント

    軽量で耐久性に優れています。乾くのが早いので施工日数も短くてすみます。

  4. アスファルト防水

    アスファルト防水

    アスファルト防水とは、合成繊維不織布にアスファルトを含ませコーティングしたシートを貼り重ねて形成する工法です。

    ポイント

    アスファルトを染みこませているので、耐久性に優れています。

  5. 塩ビシート防水

    塩ビシート防水

    塩化ビニール樹脂シートは、下地に直接貼り付ける「接着工法」、もしくは等間隔に置いた円盤やディスク板に熱溶着を行う「機械固定工法」で施工するのが一般的です。

    ポイント

    既存の防水材の上から施工することが可能です。

ポイント

アルカリ性のコンクリートが、空気や水にさらされ続けると中性化してしまいます。中性化してボロボロになると「鉄筋」にまで悪影響を及ぼします。RC造の建物は特に入念なチェックが必要と言われています。

1分でよく分かる!
防水工事の流れ

ここでは一般的なウレタン塗膜防水工法についてご説明します。

小規模、中規模の建物もお任せください!

  1. 現地調査をお願いしたい
  2. 防水工事について詳しく知りたい
  3. 急ぎで対応をお願いしたい
  4. 予算が決まっており相談したい